>トップページへ戻る

テキスト ボックス: 撮影
◆ 一般来館者の方へ
館内での撮影はご遠慮いただいております。外観・庭は撮影していただけます。
※小学生・中学生・高校生が学習に利用する場合のみ許可することがあります。受付にお申し出下さい。

◆ メディアの方へ
当館では、戦前戦後の庶民のくらしの様子がよくわかる建物と空間、道具類が揃っていることを活かし、撮影協力を行っています。昭和時代のイメージカットや再現映像などにご利用下さい。
商用等(無料配布物・公的施設にて使用の場合も含む)のスチール・ビデオ撮影を、有料にて受け付けます。
撮影にかかる費用は、当館(登録文化財小泉家住宅)の維持費に充てさせていただいています。

内容の事前審査、日程の調整がありますので、ご希望の方は下記申請用紙にご記入の上、当館までご相談下さい。

 

テキスト ボックス: 申請用紙はこちらをクリックしてください。

 

 

テキスト ボックス: 【 利用日時 】
原則として平日(休館日を含む)の10:00〜17:00
※時間外は応相談

【 撮影料 】
1時間 27,000円〜

【これまでの撮影例】
・鰹シ竹映画『母べえ』DVD内での特典映像として
 ・NHKドキュメンタリー番組『プロジェクトX』内の再現映像として
   他、再現映像や対談場所、雑誌・書籍の表紙など

 

テキスト ボックス: 詳細情報はこちらをクリックしてください。(東京都・東京ロケーションボックス オフィシャルサイト)

 

テキスト ボックス: 取材
当館を紹介して下さる取材、また、長年生活史を研究し、昭和のくらし博物館を立ち上げた小泉館長への取材やインタビュー等をお受けしています。ご希望の方は当館までお問い合わせ下さい。
内容と日程によりお受けできない場合もあります。お早めにご確認をお願いいたします。


資料利用
当館所蔵の資料と写真を一部有料にて貸し出しています。 
使用目的と日程の事前審査がありますので、ご希望の方は、下記申請用紙にご記入の上、当館までご相談下さい。

 

テキスト ボックス: 申請用紙はこちらをクリックしてください。

 

 

>トップページへ戻る