>トップページへ戻る

テキスト ボックス: ■過去の特別展・企画展

                                         

テキスト ボックス: ■過去のお知らせ

テキスト ボックス: 昭和くらしの学校 2017年度講座 受講者募集中
登録文化財昭和のくらし博物館で、衣食住の昭和の知恵と技を学ぶ講座です。くらしの手仕事をとりもどし、現代の生活に活かしてみませんか?くらしを伝える活動にぜひご参加ください!
6.10(土)かんたん野草茶(終了しました)
7.15(土)布の再生−洗い張り 10:30〜12:30【各回定員10名】

 

テキスト ボックス: 小泉和子が語る家具の歴史2017 「西洋家具ものがたり〜日本の西洋家具の歴史」受講者募集中
2017.7.1(土)午後13:30〜15:30
家具研究者でもある小泉和子館長の、多彩な家具の写真と解説がわかりやすい!と毎年評判の家具講座です。今年は「西洋家具ものがたり」と題して、開国した日本が取り入れた西洋家具について、歴史的にも面白いデザインや技術などの魅力をたっぷりと語ります。
 

テキスト ボックス: 初夏のきもの
5.19(金)〜
夏も近づき、日差しが強くなってきたこの季節。
さらりと涼しく着心地のよいきものをご紹介しています。
 

テキスト ボックス: ミニギャラリー「おかけじの武者絵」展
3.31(金)〜5.28(日)
おかけじとは、北関東地方で子供の初節句や初正月に、幼子の健やかな成長を願って親戚などより贈った縁起絵です。味わいのあるその筆致をお楽しみ下さい。

 

テキスト ボックス: 『パンと昭和』出版記念トーク〜小麦の戦後・小麦の今
5.20(土)14:00〜15:30 定員40名(要予約)
入館料のみで参加できます(500円/友の会 300円/協力会員 無料)
企画展「パンと昭和」の書籍化を記念し、戦後の小麦の歴史をひも解きながら現在の小麦を取り巻く状況について、環境問題ジャーナリストの天笠啓祐さんに伺います。パンが日本人のくらしに浸透するまでにはどのような過程を経てきたのか。戦中戦後の歴史と今を知り、これからの私たちの食生活を考えます。
 

テキスト ボックス: お茶の間会「紙縒り koyori 研究会」※キャンセル待ち受付中
5.16(火)11:00〜12:00 会場 本と工房の家(エクスプランテ)
“もんきり遊び”シリーズのご近所の出版社・エクスプランテさんとご一緒に「こより研究会」を開催します。場所は、今回博物館を飛び出して、エクスプランテ 本と工房の家の“お茶の間”(オープンラボ)。集まったヒトがその場でいろんなことを実験してみる開かれた自由研究の場として第1回目の開催です。
 

テキスト ボックス: 2017年度 学芸員実習生募集
学芸員実習を希望する方は、募集要項をダウンロードして確認し、 期日までに書類にて応募して下さい。
締切:4月29日(土)必着

 

テキスト ボックス: 「パンと昭和の日」を開催します!
GW初日となる昭和の日に、博物館では“パンと昭和の日”を開催します。企画展「パンと昭和」にちなんだ戦後のパン焼き器を使って焼いたパンを復刻します。他にも鵜の木発祥の揚げパンなどもお楽しみいただけます。ご予約不要、お気軽にお越しくださいね。
4.29(土・祝)11:00〜16:00 ※パンがなくなり次第終了
参加費:一般1000円/友の会800円(入館料と戦後のパン&ワンドリンク込)
 

テキスト ボックス: 「清月庵、移築・寄贈の経緯と文化的価値について」
4.27(木)10:00〜12:00/会場 大田区池上梅園清月庵/ 500円
現在大田区立池上梅園にある茶室「清月庵」の移築の経緯を、保存に尽力された大田区在住の茶道家・中島恭名氏から伺い、清月庵の設計者川尻善治の業績やその人物像にも迫るトークイベントです。
「大田遺産の会」(大田区内の古い建物や町の魅力の再発見と活用を目的とする団体)との共催企画です!
 

テキスト ボックス: 2016年度年間スケジュール
2016年度年間スケジュールをアップしました。今年度も昭和のくらし博物館の
活動をお楽しみください。

テキスト ボックス: 小泉和子館長 最新刊『昭和なくらし方』が河出書房新社より発売されました
電気に頼らない、買わない、捨てない、始末のよいくらし方。
人も育てる“昭和な”くらし方を小泉館長が伝授します!
私たちもすぐに取り入れたくなる昭和な知恵がぎっしり詰まった一冊を、ぜひお手に取ってご覧ください。
当館ミュージアムショップでも販売中です。(定価1,728円 税込)


 

テキスト ボックス: 冬のきもの
1.28(土)〜3.17(金)
寒い季節。
肌にも目にも暖かい着物や上着をご紹介しています。


 

テキスト ボックス: 3/26(日)は「火鉢の日」です
3.26(日)11時〜4時まで
今ではすっかり珍しくなった「火鉢」。炭を入れるとじんわり温かく、なんとも風情があります。この日はお茶の間の火鉢に炭をおこしてお餅やお芋などを焼いて楽しみます。ほっこり昭和な雰囲気の中、お茶とおやつでごゆるりとお過ごしください。
入館料(一般500円/会員300円)でご参加いただけます。
 

テキスト ボックス: 昭和くらしの学校 3.19「石見の“箱寿司”」追加申込受付中
いよいよ12.3(土)より「昭和くらしの学校」が始まります!登録文化財である博物館の建物と道具を使い、衣食住のくらしの知恵と技を楽しく実践する講座です。 【各回定員10名程度】
@2016.12.3(土)「障子張り講座と和紙の魅力」A2017.1.28(土)「つくろいもの講座」(終了しました)
B2017.3.19(日)「石見の郷土食“箱寿司”をつくる」
好評のため、僅かですが追加でお席ご用意しました!(先着順)
)
 DSC08494

テキスト ボックス: 梅の隠れ里&昭和のくらし博物館 早春ガイドツアー ※キャンセル待ち受付中
まちごと体験ミュージアム第4弾は、歴史と花のガイドを聞きながら梅の隠れ里を巡る、早春まち歩きツアーです。散策のあとは博物館の縁側でゆっくりくつろぎながら館内を見学します。
2017.3.5(日) 午後1:00〜3:00 参加費1,000円(お茶お菓子付き)


 

テキスト ボックス: 土曜講座2017年「火鉢を囲んで建築の歴史」受講者募集中
第一線で活躍する建築や都市の専門家が、その魅力をわかりやすくお話してくださる人気講座です。(全4回/各講座とも午後3時〜5時) ※@〜Bは終了しました
@2.11「赤坂離宮の装飾の不思議」A2.18「空間の崖 時間の崖」
B2.25「ル・コルビュジエと日本、そして、3人の弟子たち」
C3.4 「日本の木造建築技術の至高、江戸城天守復元」
1回のみ受講も歓迎です。ご参加をお待ちしています!
 

テキスト ボックス: ほうきの日 〜箒作家・吉田慎司さんトーク&実演
伝統的な手法で編まれた「中津箒」に魅せられて箒作家となった吉田慎司さんを招いてお話を伺い、実際に箒を編む実演をしていただきます。身近な道具でありながら、意外と知らない箒の話。ぜひこの機会に箒を学んでみませんか?
2.27(月) 特別開館 入館料500円(お茶・お菓子付き)・要予約
10:00〜11:00トーク/11:00〜16:00実演 *ご都合良い時間までどうぞ
 

 

テキスト ボックス: ミニギャラリー&談話室「楽しい 懐かしい 羽子板」展
2016.12.2(金)〜2017.1.29(日)
明治、大正、昭和の羽子板がずらりと並びます。中原淳一風、松竹歌劇団、歌舞伎の人気俳優やモダンな少女など、当時の世相と流行を反映した可愛くて懐かしい羽子板です。 
*実際に遊べる羽子板もあります。大人も子供も夢中になりますよ。ぜひお庭でどうぞ!


 

 

テキスト ボックス: お正月のきもの
2016. 12.23(金)〜2017.1月末
お正月に来客があった時など、正装ばかりでなく、ちょっとおしゃれでくつろいだ感じの装いはいかがでしょうか。新しい年に襟を正しつつ、肩の力を抜いてホッとした気持ちで着られるきものをご紹介します。
 

 

テキスト ボックス: 12/17(土)ガイドツアー「ジモト妄想トリップ〜シャーマン“シン”」参加者募集中
まちごと体験ミュージアム第3弾は、博物館初の妄想旅行!久が原・千鳥町・鵜の木は、大正時代の空想考古小説にも描かれた歴史的な土地とのこと。長年にわたって土地の歴史を妄想と共に調べ上げたナベタニタカシさんのご案内で巡ります。謎を解くカギは“太陽の動き”。どんなトリップになるか、どうぞお楽しみに!
12.17(土)2:30〜4:30 参加費1000円(入館料・資料代込)
 

 

テキスト ボックス: 12/11(日)は「お芋の日」です!
いもばん年賀状ワークショップを開催します。メール全盛の今、あえて懐かしい“いもばん”で新年のご挨拶はいかがですか?やわらかい素材なので簡単に作れますよ。この時期、クリスマスカードにも。
お茶の間の火鉢で、焼き芋を焼いてお待ちしています!
12.11(日)1時〜4時の間/予約不要(参加費100円・おやつ込み)
*必要な方は年賀状や官製はがきをお持ちください。
 

 

テキスト ボックス: 「昭和なくらし方 衣と食」展 開催中
2016.9.30(金)〜11.27(日)*会期中は月・火曜日休館
昭和のくらし博物館館長の小泉和子による『昭和なくらし方』の出版を記念して、特別展「古布からうまれるステキなファッション」展とトーク&セッション「“昭和なくらし方”に学ぶ知恵」を開催します。「衣」の展示と「食」のトーク&セッションをとおして、現代のくらし方をもう一度見直してみませんか。
 

テキスト ボックス: 特別展「古布からうまれるステキなファッション」展示作品
2016.9.30(金)〜11.27(日)*会期中は月・火曜日休館
特別展販売作品の中から裂き織りバッグを中心にご紹介します。作品ごとに異なる布を組み合わせて織り上げるためすべてが一点もの。ステキな作品とともにみなさまのご来館をお待ちしております!
*ご来館時に販売済みのものもあります。あらかじめご了承ください。
*通信販売はご遠慮いただいております。 *クレジットカード不可。

 

テキスト ボックス: ミニギャラリー展「渡部道子さんのふくろもの」開催中
2016.9.30(金)〜11.27(日)
染織工芸家・渡部道子さんのふくろもの作品を展示しています。子どもの祝い着を再生した作品や、商店の前掛けと裂き織りを組み合せたトートバックなど渡部さんの創意工夫あふれる作品をご覧ください。
 

テキスト ボックス: 11/26(土)昭和レトロ建築ガイドツアー 知られざる町久が原の名建築を訪ねて ※現在キャンセル待ち
久が原&鵜の木を巡る“まちごと体験ミュージアム”。第2弾は、俳優や音楽家など戦前から多くの文化人が住んだ町、久が原。建築家・山口文象が暮らし、当時の交流サロンにもなった自邸「クロスクラブ」(昭和15年築)では、ご子息で音楽家の山口勝敏さんに当時のサロンさながらにゆっくりお話をお聞きする特別ツアーです。
11.26(土)1:00〜4:00 参加費1200円(入館料・お茶代等込)
 

テキスト ボックス: 特別展「古布からうまれるステキなファッション」ワークショップ 
午後2:00〜4:00/2000円(材料費・入館料込・お茶お菓子付)定員:各10名(要予約)
(終了)10.30(日)第1回「“裂き編み”で鍋敷きづくり」講師:染織工芸家 渡部道子さん
(終了)11.13(日)第2回「“昭和の布”でメガネケースづくり」講師:漫画家 高野文子さん
【追加】11.19(土)第3回「“昭和の布”でメガネケースづくり」講師:高野文子さん
*11.13(日)、11.19(土)定員となりました。キャンセル待ちの受付となります。

テキスト ボックス: 「給食の揚げパンとミルク」トーク&パン屋巡りツアー 参加者募集中
博物館がある鵜の木は、昭和の給食で大人気の“揚げパン”発祥の地。その揚げパンにちなんだトーク&ツアーイベントを開催します!
10.22(土)午後2:00〜4:00 要予約・参加費無料〈入館料のみ〉
ツアー「鵜の木発祥の“揚げパン”をたずねて」東京あげパンさん
トーク「学校給食でたべたパン」「給食のミルク」

 

テキスト ボックス: 「昭和なくらし方 衣と食」展 関連イベント参加者募集中
□トーク&セッション “昭和なくらし方”に学ぶ知恵
10.8(土)午後2:00〜3:30 参加費:入館料のみ 定員:20名(要予約)
トーク:天笠啓祐さん(環境問題ジャーナリスト) 「食の安全はくらしの安全〜ホントに知りたい食のはなし&セッション:天笠啓祐さん×小泉和子館長

テキスト ボックス: 特別展「利根山光人 ヒロシマ・ナガサキ・南京」展 開催中
2016.7.29(金)〜9.25(日)
メキシコ美術や古代遺跡に魅せられ太陽の画家と呼ばれた利根山光人。反戦の思いと戦中派の証言を表現した「ヒロシマ・ナガサキ・南京」シリーズを展示します。同じく戦争体験に制作の原点を持ち親交の深かった、暮しの手帖社・花森安治のデスマスクを描いた作品も展示中です。
 

テキスト ボックス: ミニギャラリー展「利根山光人 メキシコを描く」開催中
2016.7.29(金)〜9.25(日)
メキシコ美術に出会い、風土や人々のくらしに強く惹かれ、スペインでピカソとミロに会い、原点を求めて表現活動を続けた利根山。メキシコや遺跡をモチーフとした作品を展示します。
 

テキスト ボックス: 特別展「小泉家に残る戦争」展 開催中
2016.7.29(金)〜8.28(日)
この夏も小泉家に残る戦争を物語る資料や館内まるごと使って戦時中のくらしを紹介します。戦争をより深く、身近に考えるイベントでは、戦時中の代用食のパンの試食もあります!
□関連トーク「その時、小泉家は」8.14(日)・27(土)14時〜
□企画展関連トーク&電極式パン焼き実験 ※終了しました
「戦中戦後のパンのおはなし」8.21(日)14時〜(要予約)
 名称未設定 1

テキスト ボックス: 「戦時下のきもの」
2016.7.30(土)〜8.28(日)
もんぺや防空ずきん、千人針など戦争中の衣類を紹介します。
物資不足のため代用品を使って作られたカバンなどもあります。
 

テキスト ボックス: ミニギャラリー「戦前のモダン団扇(うちわ)絵見本帖展」開催中
2016.6.3(金)〜7.24(日)
商店がうちわを注文するときに使われたうちわ絵のデザイン画展です。子供柄・モダンガール・アールデコ調のデザインなど、戦前の憧れのモチーフがたくさん詰まった見本帖。「大勉強」「実質本意」など広告ならではの売り文句も見どころです。
 

テキスト ボックス: 「小泉知代 ろうけつ染め作品」展 開催中
2015.12.4(金)より、小泉知代記念室にて開催中です!
小泉家4姉妹の次女「知代ちゃん」。彼女の残したろうけつ染め作品など、繊細で情緒あふれる作品をぜひご覧ください。

 

テキスト ボックス: 「盛夏のきもの」
2016.6.24(金)〜7月下旬
厳しい暑さもなんのその。目にも肌にも涼しいきものをご紹介しています。
 

テキスト ボックス: 昭和くらしの学校 2016年度前期講座 受講者募集中
登録文化財昭和のくらし博物館で、衣食住の昭和の知恵と技を学ぶ講座です。くらしの手仕事をとりもどし、現代の生活に活かしてみませんか?くらしを伝える活動にぜひご参加ください!
【各回定員10名】2016.7.23布の再生―洗い張り
(5.28かんたん野草茶/6.25昔ながらのおはぎ は終了しました)

 

テキスト ボックス: 「初夏のきもの」
2016.5.27(土)〜6月下旬
初夏のすがすがしい青空を思わせる、涼やかなきものをご紹介しています。
 

テキスト ボックス: 小泉和子が語る家具の歴史2016 「和家具の面白さ〜日本の家具・インテリアを代表する棚の歴史」受講者募集中
2016.6.11(土)午後3:00〜5:00
家具道具室内史学会・会長でもある小泉館長の、多彩な家具の写真と解説がわかりやすい!と毎年評判の家具講座です。
今年のテーマは日本の家具・インテリアを代表する「棚」の歴史です。正倉院の家具や「天下の三棚」など歴史的にも重要な棚を通じて、棚が唯一座敷に飾られるようになった理由を紐解きます。
 

テキスト ボックス: 「春のきもの」
2016.2016.4.2(土)〜5月末
春にふさわしい、色とりどりの愛らしい花柄のきものをご紹介しています。

 

テキスト ボックス: 談話室&ミニギャラリー「武者絵のおかけじ」展 開催中
2016.4.1(金)〜5.29(日)
おかけじは関東一円で子供の初節句や初正月に幼子の健やか成長を祈って親戚などが贈った縁起絵です。江戸時代には日光詣の土産としても人気を集めました。
 

テキスト ボックス: 2016年度 学芸員実習生募集 ← 締切りました
希望者は募集要項をダウンロードして確認の上、必要書類を期日までに送付して下さい。(締切:4/29(金)必着)

「昭和のくらし博物館学芸員実習生募集要項」PDF


 

テキスト ボックス: 2015年度年間スケジュール
2015年度年間スケジュールをアップしました。今年度も昭和のくらし博物館の活動をお楽しみください。

テキスト ボックス: くらしの学校 2015年度後期講座 (定員となりました)
登録文化財昭和のくらし博物館で、衣食住の昭和の知恵と技を学ぶ講座です。くらしの手仕事をとりもどし、現代の生活に活かしてみませんか?くらしを伝える活動にぜひご参加ください!
2015.12.5 障子張り 2.14 繕い物 /(終了しました) 
2016. 3.12 お豆腐づくり(キャンセル待ちで受付中)
 

テキスト ボックス: 梅の隠れ里&昭和のくらし博物館 早春ガイドツアー(定員間近)
2016年3月5日(土) 午後1:00〜3:00
歴史と花のガイドを聞きながら梅の隠れ里を巡る早春まち歩きツアーです。散策のあと、博物館では縁側(お茶&お菓子付き)でゆっくりくつろいでいただけます。ご参加お待ちしています!
 

テキスト ボックス: 土曜 講座 第17回「火鉢を囲んで建築の歴史」受講者募集中
第一線で活躍する建築の先生方が、建物の魅力をわかりやすくお話してくださる博物館の人気講座です。

2016.1.30 2.6 2.13 2.27の全4講座です。

 

テキスト ボックス: 「お正月のきもの」
12月6日(日)〜2016年1月31日(日)

新春にふさわしい晴れやかな訪問着や礼装です。
 

テキスト ボックス: 談話室「楽しい 懐かしい 羽子板展」
2015年12月23日(水)〜2016年1月31日(日)
昭和の世相を反映した可愛くて懐かしい羽子板、約50点をご紹介します。
*実際に遊べる羽子板もあります。大人も子供も夢中になりますよ!ぜひお庭でどうぞ。
 

テキスト ボックス: 年末年始のおしらせ
下記の期間中博物館は休館しております。

2015年12月28日(月)〜2016年1月7日(木)

2016年は1月8日(金)からの開館です。皆さまのお越しをお待ちしております。

テキスト ボックス: 特別展 緊急特別企画開催!
「活版印刷ワークショップ〜しんぼうさんのねこを持って活版に行こう!」
南伸坊さん著『ねこはい』の原画に俳句を刻印する体験企画です。
11.27(金)限定 参加費100円! お申込み不要

 

テキスト ボックス: 特別展「南伸坊の昭和なねこ」展、会期延長のお知らせ
2015.10.02(金)〜11.29(日)
特別展「南伸坊の昭和なねこ」展を開催中です。
好評につき、11月29日(日)まで会期延長します。

 

テキスト ボックス: 特別展「南伸坊の昭和なねこ」展トークのお知らせ
2015.10.18(日)13:00-14:30
特別展「南伸坊の昭和なねこ」展のトークイベントを開催します。
 

テキスト ボックス: シンポジウム「吉井忠の画業と思想」開催
2015.9.27(日) 画家吉井忠の部屋の開館を記念して、シンポジウム「吉井忠の画業と思想」を開催します。現在、参加者募集中です。
 

テキスト ボックス: 「小泉知代作品」展のご案内
「小泉知代作品」展の会期は9月27日(日)までとなります。
お早目にご来館ください。

 

 

>トップページへ戻る